ナビゲーション

Windowsで削除/欠落しているAppDataフォルダーとファイルを見つける方法

Summary

AppDataは非表示になっています。 ただし、一度 AppDataが見つからないか、削除されています、Windows上の一部のアプリケーションが機能しません。 コンピューターで正常に実行するには、 AppDataの復元 Apeaksoft DataRecoveryを使用したファイルまたはフォルダーがソリューションです。

無料体験無料体験

AppDataは、Windows PC上のアプリケーションの設定、ファイル、および特定のデータを含むフォルダーです。 デフォルトでは非表示になっています。 ただし、サードパーティのクリーナーソフトウェアを使用して誤って手動または自動でデータを削除すると、プログラムは機能しなくなります。

はい、それがあなたがこの場所に来る理由です。

次のことを行う必要があり 削除または欠落しているAppDataフォルダーまたはファイルを見つけて復元します 今すぐ。

削除された欠落しているAppDataを見つける削除された欠落しているAppDataを見つける

今:この投稿でAppDataを読んで取り戻す方法を入手してください。

パート1。AppDataはどこにありますか?

AppDataはどこに行きましたか?

AppDataはユーザーには表示されませんが、Windowsコンピューターでは引き続きアクセスできます。

AppDataフォルダーは C:\ Users \ YourUserName \ AppData.

Windowsでappdataを検索する

次に、AppDataフォルダーに3つのフォルダーが表示されます。 ローカル, LocalLowローミング.

ローカル:移動できないデータを保持します。 一時ファイル Excel、Webブラウザの。

LocalLow:セーフモードのWebブラウザデータなど、移動できないデータが含まれています。

ローミング:Webブラウザのお気に入りやブックマークなど、ユーザープロファイルとともに移動できるデータが含まれています。

AppDataサブフォルダーを開いた後、いくつかのサブフォルダーが空白であることがわかったはずです。 ファイルがありませんか?

次のパートで答えを見つけてください。

パート2。欠落しているAppDataを表示する方法

AppDataを見つけても、詳細ファイルが表示されない場合。 それらは削除されますか?

ではない正確に。

AppDataフォルダー内のファイルが非表示になる場合があります。 それらを表示するには、ファイルを再表示するだけです。

欠落しているAppDataフォルダーを表示する方法は次のとおりです。

1。 クリック 開始 ボタンを選択 サイト内検索、次に入力します コントロールパネル コントロールパネルを開きます。

2。 選択 ファイルエクスプローラオプション.

ファイルエクスプローラーのオプションを開く

3。 に切り替える 詳細 タブ、下にスクロールして見つけます 隠しファイルとフォルダ詳細設定.

4.前の四角いチェックボックスをクリックします 隠しファイル、フォルダ、ドライブを表示.

5.最後に、 お申し込み 次に、AppDataフォルダーとファイルを含むすべての隠しファイルとフォルダーがコンピューターに表示されます。

隠しファイルウィンドウを表示する

これで、AppDataフォルダーとファイルを開いて表示できます。

それでもAppDataファイラーが見つかりませんか?

そこでパート3が登場します。

パート3。削除または失われたAppDataを回復する方法

すべての隠しファイルを表示してAppDataフォルダーにアクセスしても、AppDataサブフォルダーには何も見つかりません。

AppDataフォルダーがなくなったのはなぜですか?

AppDataフォルダーが欠落している主な理由は、誤って手動で削除したか、Windows上のサードパーティのクリーナーソフトウェアがAppDataフォルダーを削除する可能性があるためです。

削除したAppDataフォルダーを復元することはできますか?

はい。

削除されたAppDataファイルを復元するために、特別な技術知識は必要ありません。 プロセスは、AppDataリカバリツールから始まります。

Apeaksoftデータ復旧 AppData回復プログラムです。 Windows10 / 8/7コンピューターからデータを取得します。 複雑な設定なしで、3つのステップで削除されたファイルをスキャンして回復するために使用するのは簡単です。 システムクラッシュ、偶発的な削除、破損などが原因でAppDataが欠落しているか削除されているかどうかにかかわらず、このソフトウェアはAppDataフォルダーを簡単に元に戻すことができます。

データ 復元

4,000,000+ ダウンロード

AppDataのようなシステムファイルを回復し、 DLL、一時ファイルなど。

PCとMacで写真、ビデオ、電子メール、ドキュメントなどを回復します。

必要に応じて、ディープスキャンモードとクイックスキャンモードをサポートします。

スキャン結果をプロジェクトファイルとして保存して、さらに使用できるようにします。

削除または失われたAppDataを回復する手順は、Apeaksoftデータ復旧で非常に便利です。

ステップ1AppDataリカバリソフトウェアを実行します

お使いのコンピュータに無料ダウンロードApeaksoftデータ復旧。 画面の指示に従って、このプログラムをインストールして起動します。

データの上書きを回避するには、このソフトウェアをCドライブではなく他のドライブにインストールする必要があります。

このソフトウェアにはMacバージョンがあり、 Macでのデータ復旧、Macバージョンをダウンロードした場合。

ステップ2Windowsコンピューターをスキャンする

メインインターフェイスで行う必要があるのは、画像、ビデオ、オーディオ、電子メール、ドキュメントなどから復元するデータタイプを、それらの前にある四角いボックスをチェックして選択することです。

次に、データを失ったハードディスクドライブを選択します。 一般的に、AppDataフォルダーはCドライブにあります。

今、クリックするだけ スキャン コンピューターのスキャンを開始します。

すべてのタイプとスキャン

ステップ3削除または欠落しているAppDataを回復する

今、このソフトウェアはあなたの選択をスキャンします。 スキャンの進行状況は上部で確認できます。

スキャンプロセスが完了すると、スキャンされたすべてのデータは次のように分類されます。 種類 デフォルトでは、次の方法で変更できます パス.

フォルダをクリックして開くと、すべてのファイルがこのソフトウェアに表示されます。

復元するファイルにチェックマークを付けて、 回復する コンピューターで失われたAppDataを取得します。

回復する

その後、回復したAppDataをAppDataフォルダーに戻すことができるため、問題のあるアプリケーションは正常に機能します。

パート4。AppDataを見つけるためのFAQ

質問1:AppDataを開く方法は?

AppDataは表示されませんが、開くことはできます。

1。 押す 勝利+ R 同時に開く ラン.

2。 タイプ %のAppData% を押し 入力します.

次に、AppDataローミングサブフォルダーに直接アクセスできます。

質問2:AppDataフォルダーが削除された場合はどうなりますか?

AppDataは、間違いなくアプリケーションを接続するいくつかの重要な情報を格納します。 AppDataから重要なファイルを削除した場合、アプリケーションが正常に動作しない可能性があります。 ただし、AppDataは大きなフォルダーであり、次のことができます。 ハードドライブを一掃する それから無駄なファイルを削除することによって。

質問3:削除されたデータを取得できますか?

はい。 通常、コンピュータの削除ボタンは、削除項目を 未割り当て からのエリア 割り当てられました エリアが表示または検索できません。 から削除されたアイテムを回復するには 未割り当て エリア、あなたはデータ復旧ツールが必要です。

高い成功率を保証するために、データが上書きされないように、コンピューターで新しい操作を行わないことを覚えておく必要があります。

結論

WindowsコンピューターでAppDataが欠落していると、アプリケーションがクラッシュする可能性があります。 このページでは、AppDataの場所と、Windows10 / 8/7で不足しているAppDataを回復する方法について説明します。

今、私はあなたが言わなければならないことを聞きたいです:

AppDataに問題がありますか?

以下にあなたのコメントを残して私に知らせてください。

関連ガイド