ナビゲーション

暗号化されたiTunesバックアップの保護を解除する方法

暗号化されたiTunesバックアップの保護を解除する

iPhone、iPad、iPodのユーザーの多くは、iPhone、iPad、またはiPodをiTunesにバックアップしたいと考えています。 このバックアップの習慣は、iOSユーザーがiOSデバイスに有用なデータとファイルを保持するのに役立ちます。 ただし、Apeaksoft iPhone Eraserを使用してiPhone、iPad、iPodからデータを消去しようとすると、「暗号化されたバックアップファイル」を思い出させるポップアップ情報が表示される場合があります。 iTunesのバックアップパスワード。 その間、消去プロセスは突然停止します。

このような状況を避けるために、あなたはあなたのiTunesのいくつかの設定をしてそしてそれをもう一度試す必要があります。

以下の手順に従って、問題を簡単に解決できます。

ステップ1。 コンピュータで最新のiTunesを実行して、iOSデバイスをコンピュータに接続します。

ステップ2。 デバイスが正常に接続されると、iTunesがiOSデバイスを自動的に検出してデバイスアイコンを表示します。 アイコンをクリックしてください。

iOSデバイスを選択

ステップ3。 iTunesインターフェースの「バックアップ」の下にある「iPhoneバックアップの暗号化」を見つけて、チェックボックスをオフにします。

チェックしない

ステップ4。 ポップアップウィンドウにiTunesのバックアップパスワードを入力します。

パスワード

ステップ5。 正しいiTunesバックアップパスワードを入力した後、「OK」ボタンをクリックすると、暗号化されたiTunesバックアップの保護がキャンセルされます。 次に、Apeaksoft iPhone Eraserを使用して、iPhoneiPadまたはiPodの消去を再試行します。 数分以内に、デバイスは期待どおりに消去されます。

上記のガイドで問題を解決できない場合は、サポートチームにお問い合わせください。 support@apeaksoft.com

関連ガイド